6つは衛生的なタ最強の媚薬ー催情薬オル感染症に感染しないように注意して

女の下半身は弱い、細菌の感染も容易に感染しやすいところ、月経期は必ず衛生と飲食に注意して.月経が下半身の生殖器官としての抵抗力が低下し、普段よりも弱を避けるために、婦人科疾患押し掛ける、次小編帯はみんな…どう避けナプキン感染症.

Pは、

は1:交換、更に甲斐甲斐しい

にはもっと甲斐甲斐しい

を月経の中に豊富な栄養物質があり、細菌が大きく繁殖しやすいという『育成基』になりますので、衛生的なタオルは甲斐甲斐しいに交換します.

には2種類の間違いのやり方があります:

は、吸収力が強く、保護機能の良い衛生を使用すると、長い時間使う時間と同じ衛生に関係があると思う;

p2は、月経量が少ない時に交換し忘れて.

日本人女性は月経期の平均で毎日6回、中国人女は3度として.アジア人種、体質は大きな違い、中国人女性は、宮内による避妊リングの割合が高く、全体の初経流量は更に大器にも.

Pは、衛生的なタオルを使う時にネットワークアー:

は、衛生的な1,2時間に1度と2時間に替えます;

p>に、禁止薬物<ナプキンを防ぐため、アレルギー;

P3、ばらしを分解する前に必ず手を洗う;

4、トイレットタオルはトイレに置いておいて.我が国の多くのトイレは暗黒衛で、終日日光を見ません、また多く湿って、カビ、汚染衛生になりやすいです.

は、正規メーカーの衛生、原材料は専門の安全検査を経て、長年使用していた.アレルギーが発生し、通常は私たちの体の問題で、エビ、カニもアレルギーがあるということは、1つの道理です.

(pは、2トイレット・アレルギーという非に注意

を注意するp>阻止<アレルギーの唯一の方法はアレルギーのもとを回避するので、いったん感覚刺激、痒い、気分悪い、すぐ停止この衛生巾を探し出して,最強の媚薬ー催情薬、最高にもアレルギーを引き起こす成分(に多く見られるのは生理用ナプキンのエッセンスを含む)、同じ成分の衛生巾ももうで.

肌が敏感な人は、サラッネットではなく、綿の表面を吸収して、ネットの表面は吸収して、皮膚の表面は柔らかく、皮膚の刺激に対しては小さい.また、夏にはアレルギーが発生しやすいので、湿気が局部に集中しているため、常に変更に注意が必要です.」

4時間に1度は、衛生的なタオルは、1度は2時間で交換すると注意するはもちろん、通気性の良い製品を選んで、同時に.小編は、月経期間に高い脂肪の高い熱量の食品を食べるべきでなくて、代の果物、野菜、豆を食べて、飲食はあっさりして,体もまたさわやかになります.

注意:p>と<よんしよパンティーライナー」