2016/07


小明は5歳の男の子で、昨日の夜はお母さんに文句おしっこにチンポが痛い、朝母発見暁明のチンポが赤くて腫れ、母さんに焦ってすぐ持ってアキラと外来.お母さんのお母さんの述べた後、私は彼に小明のズボンを脱いで.若鶏鶏鶏の先端にはかなり赤くなった症状があり,赤鼻の象になりました.これはかなりの典型的な包皮は炎症を起こして、診断や治療にはあまり大きな問題なので、私はお母さんに暁明の解説した後、彼は先に帰ってください薬を服用して明、2日たって下さい.

再診時、アキラの症状は大きな進歩が、母はちょっと不安は、質問に小明包皮を切る.確かに、包皮が長すぎてあるいはは包莖現象の男の子が包皮炎後,避け繰り返しの炎症や包皮と亀頭の間に形成され黏结傷あと、包皮を切る必要と考えてのことだが、現在はまず、薬物治療で、炎症など包皮の様子が消えた後に,最強の媚薬ー催情薬、更に作の手配.解説した後、明ちゃんのお母さんが安心して小明は外来で治療を受け続けて治療を続けていた.

p>と<近年、台灣地域の人口の出生率が低下した結果、平均夫婦も生まれない2人の子供の世話をし、両親は子供に言われて行き届いて、男の子のチンポが負担して伝家の重責、ちょっとした問題があって、どうしても親はとりわけ重視し、その中の最もよくあるの問題についてはや包皮.小さい男の子はまだ生まれて、親は搗れて、ちょうど生まれた子供を包皮て包皮にするかどうか.

p正直、普通の親が答えられる問題ではないかと正直に言っている.このままでは一つの問題、医学界の表裏の両方のようにも見え枡で量るほどある、意見がまとまらない.しかし、簡単な言うことは、得になりましたが、問題を起こすこともあり、また、割を深刻にすることはありません.そのため、ほかにも医師の提案は、局部麻酔手術で包皮時(約小学5、6年~国中に左右の年齢)の年齢)から、手術をしているという医師もアドバイスをしているということです.包皮が長すぎて、局部炎症や泌尿道の感染時、直ちに手術をして、その繰り返しの感染や他の合併症が発生しない場合、そのためには、その手術を受けた場合、その.

ある男の子が長すぎて太っているので、チンポお腹の脂肪組織されて包んで埋めてだけ、長すぎる包皮手伝って排尿時、最高急がないで先に包皮を切る、またはある子供を排尿時、尿を散らして、迷惑をかけている.先に子供に食事を制御して、多い運動は体重を軽減します、などの思春期の時、ペニスは成長して大きくなった後に更に決定して包皮を切るかどうか決めます.から男の子の鶏鶏は生い先遠しの臓器ので、この方面の問題を処理する時、保守的かもしれないほうがいい.

じゃあ、どうして包皮が長すぎるんだ?いい自己チェックし、一般的には、大人の男性は勃起した場合、包皮を完全に覆いて明らかな亀頭は包皮が長すぎて、もし勃起時亀頭もないことが現れてくる、と呼ばれる包莖は.小さい男の子は生まれた時ほとんどすべてがすべてすべてがあるとしています



は衝突場合によく不可解な恥ずかしい靑や皮下溢血、もう体質問題と思って見落とし、台中栄総血液腫瘍科杨阳生医師によると,最強の媚薬ー催情薬、この可能性がある一つの警讯紫斑病.

紫斑病危機に直面して出血10万人に十人ごとに病気の

が体内のいくつかの免疫や骨髄造血機能問題がされると、血小板の数が低いと、その時に出る症状は皮膚が紫斑や恥ずかしい靑久を退、歯ぐきから血を流して鼻血が流れは止まらないなど、免疫性血小板低下症、通称紫斑病(ITP)はその要因の一つ.紫斑病は一種の免疫性疾患、国内のある統計によると,それが盛んに率は人口約じゅうじゅう万人のうち、子供や老人の割合が多いが、大人の女性は男性よりも多く、しかも.杨阳生医師によると、「紫斑病と個人の体質、ウイルス感染、腫瘍や自家免疫などに関して、患者は通常上記出血症状がすぐに危険がない、しかし血小板数万以下まで下がるさんに、積極的に治療につながる可能性がないなら、後日併発は発性脳出血、腹腔出血、肺出血など緻死リスク、生命を脅かす.と

pの伝統には、リスクとリスク<P>があるのですがp>と<紫斑病の経過は緩慢で、繰り返し発生しやすく、臨床の上で治療紫斑病の第一線で治療薬はステロイド減少自家免疫抗体が、3割の患者は治療のしばらくの時間の後、効果悪くなって、この時に第一線を治治療.現在の第一線紫斑病の策略を使って治療を含む免疫抑制剤、脾臓切除手術、注射免疫グロブリン(IVIG)あるいは甚だしきに至っては化学治療薬などを使って.杨阳生医師の説明.

杨阳生医師の話では、第一線を治療もそのリスクを含め、長期使用免疫抑制剤や不正使用、または感染、不良反応、脾臓切除手術は3分の2の患者は有効だが、術前にとても良い指標予測治療効果で、術の後で数年内に血小板は二度と下がります ;~に免疫グロブリンは部分の患者有効だが、効果を維持できるだけ短い1~2週間、しかも高価で、通常は救急時に使う.

p新型薬では効果が良く、リスクが低い

「第一線で治療中,トロンボポエチン促進剤(thrombopoietin receptoragonist、TPO-RA)が刺激骨髄巨核細胞の増殖や分化、さらに増えて血小板の數量、現在治療紫斑病比較的新しい薬を通して、毎日が一度口服使用のEltrombopagおよび皮下注射型のRomiplostim.その中の経口使用のEltrombopagは一種の小分子薬を使って、約1~2週間後、血小板数が増加.血小板増殖剤の臨床治療効果、6、7、7、患者の血小板数が著しく増え、しかも低下します



春の花の花期が押し迫っ、各観光目的地も大きな「花見.3月16日に上海旅行集散センターから,表題と菜の花の6匹の花見専用が、今月28日に正式登場するということです.各旅行社も各地のお花見旅行のルートも発表され、このうち1つの台灣の花見は特に人気がある.上海の旅行市場で、江西,雲南、浙江などに小松菜花、梅花、ツツジ、チューリップ
,最強の媚薬ー催情薬、ラベンダーなどの旅行のラインが並ぶ.でも一番注目されるのは、台灣の花見旅行.記者は上海錦旅から、旅行社は花期によって、陽明山で桃の花、茶花、華八仙など各種の生花を見ることにした.統計によると、さん月以来灣観光の応募者は2月に倍増した.また、市観光局、Nanhuiの上海桃の節句、奉賢の菜の花祭は、今月開幕.観光集散中心の花見をろく条専用線この2大観光祭シンクロし、観光客で楽しめる千畝桃と菜の花を見ることができ伝統民俗演技を味わい、本場の農家の軽食.この6つの花見は、価格は100元以内と、60元前後には約60元という.



秋になったら、いろいろ虫が減ったが、虫自身の毒性は弱い、強い、強い.杭州市第三病院によると、最近、虫で体が深刻なことが現れて潰瘍の人が現れて、主に足と手に.旅行が严伯帰って一週間、本来なら喜んで、意外になかった何日は病院に入った,最強の媚薬ー催情薬、彼はすねにの潰瘍は一番の理由.严伯思い出,外で遊ぶ数日、ある夜の公園でぶらぶらして草むらに知らない虫かぶりつくとされ、当時虫のところが痒い、少しかすかに痛んで、手で掻いた、見えないかゆくもあまり気にしない.翌日に発見すねの塊が赤くて、しかしまた痛くない、ただよくかゆみ限り、かゆくて、严伯は力いっぱい手でつかんで、結果をブロックが大きいほど赤い.旅行から帰ってきたとき、ふと発見すねた吹き出物部長が、当時まだ注意も予想していなかった、ずっと病院に消える毒、最後に足をぼろぼろになってやっと気付い虫口噛みの軽くない.28歳の若くて力が強いの寧、自分はずっと抵抗力はとても良くて、この何日はしきりに蚊も受け、ダニなどさまざまな虫に襲われる.今日は市三病院の皮膚科病室寧を見る時、彼は照れて置くから服にお医者さんに見て、結果は満背中の赤い点がお尻、甚だしきに至っては、彼はこの何日はどういうことで、彼は足にか蚊に刺された全パッケージされ、背中にか知らない虫の何をれて、毎回は赤、そしてはすべて破は崩れて、甚だしきに至ってはただれています.市三病院外科1位の救急医の説明、病院室に来ようようの患者で最近よくされてキスして虫を経験した患者は,この病気は最初は虫性皮膚炎が、かなりの部分は重視しない人から虫薬の後の処理、かゆくて味を知っているだけ、痒くなるほど痒くなるほどをつかんで、多くの人が、結果をつかみ出して甚だしきに至っては最後に破れ潰れ血皮膚がただれて甚だしきに至っては.  同病院皮膚科の主任医師单筠筠医者に注意:秋の虫刺されの外遊びが主と節足動物関係、ありふれたダニなどなど、春、夏、秋に多く見.そして秋の虫は季節の交換期にあるので、最後に少しでも機会をつかんで刺される.また、昆虫の種類の違いと機体反応性の違いは、刺された皮膚の反応を引き起こすことができます.普通は赤色水腫性丘疹、中央は小さい水疱、ダイズの大きさ、よく露出部位と腰週間.外出時には虫に食われたら、一番捷が直接的な方法は自分の唾液で均等に虫薬されたところで、または皮膚消毒用の消毒水を拭き取る.



いわゆる食中毒係、摂取を含む生物性、化学的有毒有害物質の食品や有毒有害物質として食品を摂取後に出現の非伝染性(所属伝染病)急性あるいは亜急性疾患.では、食べ物が中毒してから解毒することができますか?.食中毒の特徴食中毒の種類が多く、原因や発病状況をそれぞれでないが、一般には、次の共通の特徴:潜伏期間が短く、発症が突然、食べ物を食べました後で10分から数十時間を発症し、しかも勢いが急激に、爆発的に、多くの人はとても短い時間の内で同時にや前後が相次いで発症し、しかもすぐピーク.患者の症状は大体同じか似ているか、胃腸炎の症状、神経症状が主とする場合もあります.食中毒の共同の病原食べ物、病人は近くの時間の内にある病原食べ物も食べたことで、しかも発症範囲のみ食べたある有毒食べ物の人ごみの中に、つまり食品と明らかに関係なく、この種類の食品の食事は、同じテーブルにも発症.しかし、この食品又は汚染源が除去された後、発病.食中毒の後に飲んで何が解毒.一般的に、豆乳と牛乳は解毒作用がある、または生卵清、原理はとても簡単で、毒素(一般的に、重金属)蛋白質を変性させるということによって、毒素は消化管の危害が低下し、これらの食品に中毒症状を緩和するしかない」と、結局は病院へ検査と治療.解毒食品以外、食品中毒後に救急の方法を掌握することができれば、デトックス解毒効果がもっと良いです.食べ物中毒は何を食べるか、3、消化促進に排便の食べ物を消化促進します.例えば野菜:昆布、ブタの血、にんじんなどの果物:サンザシ、パイナップル、パパイヤなどに富んで、繊維の食品を食べて、各種野菜、果物、玄米、全穀類や豆類、排便を助けて、体内の毒素排出殘り.よんしよ、食中毒で飲食衛生的でないため、だから、中毒後は回復期,体の弱みを避けるために再び、食中毒が発生し、食中毒後食きっと衛生、食用の前には必ず煮や洗浄後、食前が最高で手を洗って清潔剤.5、食品中毒で回復後、食はきっと重視していた.もし普段家で食事は自分で料理を作るなら、できるまで離れて熟して、特にまな板や刃物などを直接食べ物の道具、調理用具の消毒を行う;食品密閉されて保管して,最強の媚薬ー催情薬、外部の汚染の機会を減らす.6、激辛と酒とたばこを刺激して食べ物を刺激する.エタノールに溶ける胃の粘膜上皮の脂肪蛋白層、胃粘膜に大きな損害、人々は喫煙時、煙霧の中の有害物質を溶解して、口の喉の部には、嚥下胃に入って、これらの有害物質は胃の粘膜にも大きな被害.だから,せっかちで、慢性胃炎の患者で、きっとタバコをやめるように、病状を強めて、甚だしきに至っては悪性になる.唐辛子、コショウ、わさび、濃いお茶、コーヒー、ココアなどの食品あるいは飲み物、胃の粘膜刺激の作用を強め、粘膜充血、炎症、やめるべき.



可変光筒式シャンデリア靑い透明感のシャンデリア全体が筒状、底と内部の銀色の反射素材で、柔らかい照明効果を空間の芸術感が,最強の媚薬ー催情薬、必要に応じて調整光の色.ブランド:Artemide.$ { FDPageBreak
}清涼の金属リベットシャンデリア一つシャンデリア定会令の家で清涼感倍増.金属の質感のウエハと一緒に、照明のランプを隠し,活発感のある芸術形態を呈する.大小1の金属片は空中に浮いているようで,さわやかな洒脱.ブランド:ロチ堡家居Roche-bobois.$ { FDPageBreak }銀色水玉式シャンデリア銀色円盤状シェード、強烈な重合性とパワー感.下に垂れ弔り何杯水玉キャラの燈は、明かりは円盤の上に、巧妙な照明効果.全体モデリングは流動性と運動感に満ちている.ブランド:Artemide.$ { FDPageBreak }組合せ式電球シャンデリア球状造型のシャンデリア全体の丸い、スタイルは可愛い.球体の表面は白色の電球、照明の効果が豊富に豊富に満ちている.ブランド:flos.$ { FDPageBreak }燭台式シャンデリア優美な曲線の造型、蛇行上への燭台の形態、注意深く見ないだと思っては1本の装飾燭台.このような1つのシャンデリアのシャンデリアを部屋に配置して、無限の想像と楽しみを増加しました.ろうそくの電球に代わりに、優雅な生活態度、現代のデザイン美感を見せている.ブランド:flos.



パーティーやお付き合いにはお酒を飲んで,最強の媚薬ー催情薬、お酒をたくさん飲んで、どのようにすることができます、今日、小さい編はみんなで出して、どんな酒を飲んでいますかを見て、摂生の効果があります、養生の効果があります.食卓にいちどう酒.牛乳酔いを醒ます法:酔い(解釈、薬品)者牛乳飲むことができて、卵白の凝固するため、胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を緩和する.サトウキビの汁に.酔い覚め法:酔って自分で意識尚者食サトウキビ、深刻な者を絞り出すサトウキビの煮汁を服、酔いを醒ますさん.ピータン酔い覚め法:酔って時を取って、1~2だけピータンをし、酢、酔いを醒ます.よんしよ.白菜酔い覚め法:ハクサイ心を千切りに加え、酢、砂糖かき混ぜます均等に従って、前菜、酒をばらばらに一定の役割を果たしてご.生梨酔いを醒ます法:いくつかのナシあるいはナシを食べ、切片を、冷たい水につけてじゅう分、飲用水のナシを食べて、酒酔いを醒ますろく.重湯法:酔っ払い望ましい濃い重湯飲服、甘言に含まれる多糖類及びB族ビタミン、解毒酔い覚めの効果.砂糖を飲み、治療効果の良いななしち.スターフルーツ酔い覚め法:酢漬スターフルーツいち、加水煎じ、使える酔いを醒ます.はち.セロリ酔い覚め法:適量のセロリ込んでジュース飲んで従って、和らぎ、特にお酒に酔って頭痛脳を解消できるのは膨れて、顔面の火照りなどの症状.きゅう、く.オーデコロン酔い覚め法:を数滴オーデコロン熱いタオルで軽くはたくようにしてふき、酔っ払いの胸背、ひじやこめかみなどでは明らかにその酔って軽減.じゅう.杮子酔い覚め法:酒酔後を取って、数羽の新鮮な杮子、皮に行って食べて、酔いを醒ます.飲むと、6件の事をして1、飲酒してお茶を飲むべきでありません.飲酒の飲茶はよい習慣ではない.人が酒を飲んだ後、80
%のアルコール肝臓からそれを分解して水と二酸化炭素に体外を排除することによって酒作用.この分解作用は普通2~4時間、飲酒してすぐに飲茶、酒中のアセトアルデヒドは腎臓の急速に体外に排出することを通して、腎臓は損傷を受け、腎臓機能を低下させる.また、お茶に過ぎ、水量も増えすぎて、心臓と腎臓の負担は、高血圧、狭心症の冠心患者より不利.だから、飲酒は、梨、スイカなどの果物を食べたほうがいいです.2、風邪の後はお酒を飲みません.風邪者は酒を飲むと病気が重くなる.風邪の患者、とりわけ深刻な者の多くが発熱する病状を伴って、この時通常は解熱薬を服用して、普通は撲て熱します.一度は白酒、強い酒を飲み、両者の代謝物は肝臓に深刻な損害を与え、完全に壊死している.3、肝臓疾患患者は禁酒にしなければならない.急性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓病は糖尿病に伴う人は絶対に禁酒、ビールを含む.回復期や慢性肝炎遷延性肝炎、肝機能は基本的に正常の場合に、適宜飲むビールが、普通は一日半リットルを越えないで.4,酒はコーヒーと同じ飲みに飲む.アルコールは、カフェインは、興奮,覚醒と胃の胃の作用があり、過度に中毒症.アルコールはコーヒーとコーヒーと同じ飲み物で、拍車をかけに火をかけるように、脳のダメージを強め、血管拡張、血液循環、心血管負担、単純に飲み過ぎ.