食べ物中毒?何最強の媚薬ー催情薬で解毒することができます

いわゆる食中毒係、摂取を含む生物性、化学的有毒有害物質の食品や有毒有害物質として食品を摂取後に出現の非伝染性(所属伝染病)急性あるいは亜急性疾患.では、食べ物が中毒してから解毒することができますか?.食中毒の特徴食中毒の種類が多く、原因や発病状況をそれぞれでないが、一般には、次の共通の特徴:潜伏期間が短く、発症が突然、食べ物を食べました後で10分から数十時間を発症し、しかも勢いが急激に、爆発的に、多くの人はとても短い時間の内で同時にや前後が相次いで発症し、しかもすぐピーク.患者の症状は大体同じか似ているか、胃腸炎の症状、神経症状が主とする場合もあります.食中毒の共同の病原食べ物、病人は近くの時間の内にある病原食べ物も食べたことで、しかも発症範囲のみ食べたある有毒食べ物の人ごみの中に、つまり食品と明らかに関係なく、この種類の食品の食事は、同じテーブルにも発症.しかし、この食品又は汚染源が除去された後、発病.食中毒の後に飲んで何が解毒.一般的に、豆乳と牛乳は解毒作用がある、または生卵清、原理はとても簡単で、毒素(一般的に、重金属)蛋白質を変性させるということによって、毒素は消化管の危害が低下し、これらの食品に中毒症状を緩和するしかない」と、結局は病院へ検査と治療.解毒食品以外、食品中毒後に救急の方法を掌握することができれば、デトックス解毒効果がもっと良いです.食べ物中毒は何を食べるか、3、消化促進に排便の食べ物を消化促進します.例えば野菜:昆布、ブタの血、にんじんなどの果物:サンザシ、パイナップル、パパイヤなどに富んで、繊維の食品を食べて、各種野菜、果物、玄米、全穀類や豆類、排便を助けて、体内の毒素排出殘り.よんしよ、食中毒で飲食衛生的でないため、だから、中毒後は回復期,体の弱みを避けるために再び、食中毒が発生し、食中毒後食きっと衛生、食用の前には必ず煮や洗浄後、食前が最高で手を洗って清潔剤.5、食品中毒で回復後、食はきっと重視していた.もし普段家で食事は自分で料理を作るなら、できるまで離れて熟して、特にまな板や刃物などを直接食べ物の道具、調理用具の消毒を行う;食品密閉されて保管して,最強の媚薬ー催情薬、外部の汚染の機会を減らす.6、激辛と酒とたばこを刺激して食べ物を刺激する.エタノールに溶ける胃の粘膜上皮の脂肪蛋白層、胃粘膜に大きな損害、人々は喫煙時、煙霧の中の有害物質を溶解して、口の喉の部には、嚥下胃に入って、これらの有害物質は胃の粘膜にも大きな被害.だから,せっかちで、慢性胃炎の患者で、きっとタバコをやめるように、病状を強めて、甚だしきに至っては悪性になる.唐辛子、コショウ、わさび、濃いお茶、コーヒー、ココアなどの食品あるいは飲み物、胃の粘膜刺激の作用を強め、粘膜充血、炎症、やめるべき.