絵の絵の中の1絵の絵

夏休みの一日、母は私を連れて見学に行く安全教育展覧会、展示のはどう対応するの生活の中での安全の作品展示室に入って、私はこれらの絵を引きつけて、一心に見た、突然ある絵を私の注意を、私は思う.

2人の子供が警示を見ていると、2人の子供がいます.警示札はここにある児童溺れている、進水水泳にはならない!左の子に立っていると、進水水泳と水泳にはしないか?こんなに暑い日、やっと1つの池の水泳を探し当てて、私は水泳パンツも持って、進水することはできなくて、しかしもし進水、溺れてどのようにすることを使いますか?」隣にはストライプの上着の男の子が眉をひそめて、進水て、進水、お前の命を奪うかもしれない.しかしもう1人の子供は忠告を聞かないで、すでに脱がして服を準備する準備して、1つ言います:“私は恐くありません!」池に行く準備をしている.子供の一句私知らずを、私は不寒で粟の感じ、こんなの雑草が生い茂っに岩石やその他の障害物、水、地面から少なくともいくつか2メートルの池は、飛び降りにできるとは限らない這って上がってきて、まして小さい男の子はいささか保護対策の状況で、こんなにも勇気.この子は少しでも安全な知識もないから.

pは命がどんなに貴重な.この絵を通じて、私は発見して学校や親の安全教育にも本当に子どもたちの心を利用し、親たちはより多くの時間を加護の子供だけでなく、彼らの文化の知識を教えて、彼らの知って命の大切さ.もしあの子供は溺れて、そんなに生命は私たちを離れて、同時に家庭に巨大な悲しみをもたらします.命は一度だけ、私たちの大切な命はこのように過ぎていくべきではありません.

事の作文を書くことを標に入る事の作文を書くことを大全:http ///xiaoxuezuowen/xieshi/