春の最強の媚薬ー催情薬花見は近くの観光スポットにして

春の花の花期が押し迫っ、各観光目的地も大きな「花見.3月16日に上海旅行集散センターから,表題と菜の花の6匹の花見専用が、今月28日に正式登場するということです.各旅行社も各地のお花見旅行のルートも発表され、このうち1つの台灣の花見は特に人気がある.上海の旅行市場で、江西,雲南、浙江などに小松菜花、梅花、ツツジ、チューリップ
,最強の媚薬ー催情薬、ラベンダーなどの旅行のラインが並ぶ.でも一番注目されるのは、台灣の花見旅行.記者は上海錦旅から、旅行社は花期によって、陽明山で桃の花、茶花、華八仙など各種の生花を見ることにした.統計によると、さん月以来灣観光の応募者は2月に倍増した.また、市観光局、Nanhuiの上海桃の節句、奉賢の菜の花祭は、今月開幕.観光集散中心の花見をろく条専用線この2大観光祭シンクロし、観光客で楽しめる千畝桃と菜の花を見ることができ伝統民俗演技を味わい、本場の農家の軽食.この6つの花見は、価格は100元以内と、60元前後には約60元という.