媚薬の主な成分

媚薬に使用される主な媚薬成分についてまとめてみました。聞いた事のある成分から、初めて聞く成分もあると思います。どんな成分が含まれているのか、一度ご覧になって下さい。

ガラナ
ガラナは、媚薬の主な成分として、神経を過敏にして集中力を高め、体を活性化する効果があります。女性は火照りから肌がうっすらと汗ばみ、局部も敏感になります。普段は感じないところまで感じるようになります。媚薬の効果も徹底的に発揮します!

マカ
マカを含まれる媚薬の効果は主に女性の不妊症や不感症に効果を発揮します。女性はホルモンバランスが崩れることで、性生活を楽しめないこともしばしばです。体の中から整えて、楽しいセックスライフを営んでいきたいものです。

トンカットアリ
古くから強壮薬や媚薬として現地の人たちに用いられてきた成分です。エネルギーが増加しスタミナがつくことで、とくに男性のセックス機能の向上が期待できます。

卵、チーズ
栄養価の高い食品は強壮剤として用いられた。

甘草、カズラ、サトウキビ
糖分の取れる食材は強精薬として用いられた。

ナマコ、カキ、ニンニク
精のつく食品として紹介され強壮にも効果があるとされた。

動物の性器
アザラシ、オットセイのペニスやウシ、ヒツジの睾丸などが精力増強作用があるとされた。

カカオ、コーヒー
チョコレートやココア、コーヒーが催淫効果があるとされた。