噛み締めるに噛み締める胃癌胃癌は誤解の最強の媚薬ー催情薬過度に咀嚼します

胃癌の人、胃癌の確率が大きいと調べて証明する証明があります証明証明、食事はいつもぱくぱくの確率は大きいです.消化管の負担を減らし、胃腸の癌リスクを低下されます.唾液が強い滅毒作用、肝臓がんの原因によるアフラトキシンの毒性はほとんど消えてさんじゅう秒.医者の観点語り掛ける主に胃のあける人体の消化の角度からとって、ゆっくりと肯定食物の消化に役立ち、と語り掛ける癌を予防できる、特に唾液の滅毒作用がさんじゅう秒、肝臓がん撲滅アフラトキシンの言い方は正確ではないの.鄭州市第一人民病院消化器内科の主任の方立峰紹介、人々は語り掛けるは消化を助けるという言い方は道理を磨語り掛ける食べ物をもっと細かいことに利益があって、胃のあける(食物は胃十二指腸組み込む).胃のあけるの速度や食べ物の性状と化学組成により速く、糖タンパク質、脂肪蛋白質より速く、稀な、流体食べ物より、固体稠食べ物速い.方立峰と.一般の人は砂糖を食べ、飲み水は、すぐにお腹の中に空っぽでブロック肉を食べ、支えはとても長い時間だと、胃のあけるのスピードが関係.それだけに、もし語り掛けると、食べ物がもっと粒化、流体化、きっと加速胃のあけるの速度は、消化の効率を高めた.唾液の滅毒作用有限多すぎ咀嚼して唾液を分泌することができ、たくさんの紹介は噛み締めるしてゆっくり飲み込むことの文章も唾液の不思議な効果を言及しました.唾液99 %の成分は水で、基本的な機能は潤ん口腔、軟化食品など.唾液は消化の過程で1つの初歩的に消化する作用があるだけだ.唾液はアミラーゼが含まれているため,主にデンプンに消化を行う、タンパク質、脂肪など、腸、膵臓などで消化.方立峰と.に至っては唾液の滅毒機能,最強の媚薬ー催情薬、方立峰きっと唾液分泌が一定の免疫物質が、分泌の免疫物質数、種類は多くなくて、しかも効果も強くないが、がんの予防作用有限.だから、唾液が消化、免疫などに効能が、と言うのは金汁美酒のたとえ必要はない、誇大その作用.食べ過ぎると、容貌が今の生活リズムによって、多くの人が食事をしてぱくぱく、消化効率を向上させるために、噛み締めるを提唱すべきだ.でも、何度も、食事も同じだし.多くの人が食事をする時は数えだし一口ご飯を咀嚼して何度でも、さんじゅう度は確かに多く.実は、わざとある数字を追求しないで,自己感覚は咀嚼して十分にならなくて、多い、過少もよくない.方立峰紹介、過度の咀嚼は主に二つデメリット:1、咀嚼が多すぎて、もっと多くのガスの発生、強めて胃に負担を影響消化.二、もし工夫を凝らしてゆっくりと、次第に必然的に招く咬筋発達して、顔面の美観に影響.特に側の口腔で噛むものの人は、両側顔面にも高低がありません.女性にとって、この影響はもっと.