前の最強の媚薬ー催情薬不良を緩和する前に、毎月の悩みを解消しない

月経はそれぞれの女性に、経前の不快な人が8割を占めぐらい:腹痛、息苦しくて、イライラ、長い天然痘……毎月これからが訪れ前にもこの数日,各種の嫌いな症状で攻め群とどうして悩み?栄養専門家は発見して、経前不快と栄養素の欠如に限り、相応のビタミンを補充して、あなたが気軽に過ごせる時間.

むら気

問題一:むら気

問題一:むら気

肖洁毎回月経の前になりやすいげらげら笑いのどん腹立て、泣いて、鬱憤がたまって、感情の変化は自分さえも分からないでどうして現れ.

P元素:ビタミンB 6

に不足している

は表明を研究して,あれらの摂取に十分ビタミンB 6の女性が、経前も情緒の安定を維持することができて、これはビタミンB 6を助けることができる合成アップ情緒の神経伝達素、例えばドーパミン.もう一つは表明を研究して、もしとマグネシウム製剤を一緒に飲むと、ビタミンB 6を緩和する前に焦りも経.

菜緒:菜緒、にんじん、バナナ

おすすめ食べ物について

問題二:胸が調子が悪い

張琳月経が近づくと、発見の自分の胸が硬くなり、乳房の膨れる痛みは少し触ってはいけない.実はこれも前症候群のありふれた症状の一つである.

ビタミンE

に不足しているのは元素に欠けているビタミンEの女性、胸部に不快感を低下させる.栄養物質を下げることができるプロスタグランジンの発生、プロスタグランジンの引き起こすシリーズ経前の痛みの物質.ビタミンEも腹痛を緩和することができる.

植物油、ホウレンソウ、穀類

おすすめ食品:植物油,最強の媚薬ー催情薬、ほうれん草、穀物

おすすめ問題3:腹痛の3:腹痛の

をして

秦英経の一週間の前に感じられてしまうとぎれとぎれの腹痛が近づいて、月経期の2~3日、この痛みは一層激しく.

P元素:3脂肪酸<P>に不足している

腹痛は最もよくある経前問題、女性の場合、毎日の食事の摂取が多いいくつか余計な-さん脂肪酸が40%の腹痛を緩和する.無駄な-さん脂肪酸を減らすことができる女性の体内のホルモンの分泌は、このホルモンである経前期激化子宮収縮腹痛を起こす.3脂肪酸は、前症候群による焦慮を緩和することができるのだという.

深海魚魚、サーモン、マグロ、Pのおすすめです