オットセイ腎臓の最強の媚薬ー催情薬効果と作用は何ですか

 オットセイ腎はみんな思ったオットセイの腎臓、これは動物の奇妙な、このしかし海洋植物、みんなくれぐれも変なこと考え、このオットセイ腎は薬にすることができるのは、もちろん多くの植物は薬の使用することができ、オットセイ腎どんな効果と役割は?

  オットセイは1種の海洋植物という、オットセイ腎薬用、人々の体に大补の効果で、しかし、私たちは知るかどうかオットセイ腎の効果と役割具体的に何が含まれていて、使用オットセイ腎なら、本当に伝説のあのようなが栄養を補給する体のか、このすべてはすべて人々にオットセイ腎存在の迷い.

  肾阳廃れ、腹心寒くて痛い.本品に長じて腎臓を補って精力で、治肾阳廃れ、元久寒くて、びくびくして冷たい攻衝、腹心寒くて痛い.本品に配合ゴシュユ、甘松、高良姜等温に散るのは冷たくて,最強の媚薬ー催情薬、温腎陽の品物を助けると使って、全収补阳散寒の功、例えば肥満臍散.

オットセイは、オットセイの効果、男性は普段、オットセイの腎臓を食べていると、利益にもいいという効果があります.オットセイ腎の効果でと役割に食べてもいい、オットセイの腎臓の治療に使用する自身の虚損、劳伤の場合、男性腎精衰损による身体上のインポテンツ、滑る精密だ、冷精現象は明らかに改善.オットセイ腎の別名の狗鞭.味しょっぱい性は暖かくて、帰腎臓.機能を益に優れ、温で乾燥して、補って峻で治肾阳不足、陰精虚と損インポテンツ宮寒くて、忘れて耳鳴り、神思恍惚、腰の酸っぱい足ソフトなど症、それぞれと鹿茸、ニクジュウヨウ、インヨウカクなどの薬でも同じで、多く単に梅酒をつくるや煮込み服部、精力をつける腎臓を補ってよく用の品.本品研粉冲服薬や入丸、粉薬サービス、用量いち~3 g.新鮮な品物は調味料を入れてし.本品の温かい陽陰助けるので、のぼせ旺者は単本品で.

インポテンツ、インポテンツ、インポテンツ、不妊症
.このような品性は熱を入れて、塩辛いは腎臓に入ります、血と肉のために、腎臓の精力のある品、益の精は髄の功を補します.おかげで治肾阳虚、腰のひざ萎縮弱いインポテンツインポ精寒、不妊、頻尿軟便、腹の寒い痛みなど症、お常と人参、鹿茸、トリカブトなどの薬と使って、精力の増強に散るのは冷たくて、暖かい腎精益の効果、例えば肥満臍丸.

  オットセイ腎の効果と役割は比較的に多くて、最も重要なのは,食べたオットセイ腎ば助けが男性体を強めるの陽の息を補給することが出来る、精子生存率は、精力の良い薬が,オットセイ腎使用の時、私たちは自分で勝手に使用すると、結合医師の指示で使用すればいい.

  きっと医者の指示に従わ謹んで、自分を服用すると、時には副作用が出ることができるのも、その精神の役割が、食べ過ぎるのは、いくつかの副作用、万物はすべてその度、望みは薬を服用する時は医者の指示に従わ、いくつかの民間療法」を見ない