オオヤモリの最強の媚薬ー催情薬効果と役割が腎臓を食べオオヤモリ

オオヤモリは1種の人々が日常生活の中で非常によくある海産物は大多数の人にとって海鮮食べ物を食べるのが好き、オオヤモリが持つ豊かな栄養価値は、この種類の海鮮を选ばなければならない制品の原因の一つに対して、オオヤモリの効果効能も、もちろんみんなの関心の焦点になった.

オオヤモリの薬用の価値

p> <いち、治肺から浮いて、面に浮いて、四肢:オオヤモリ(雌雄頭尾全者ばかりで、洗い、用法酒と蜜をあぶる熟)、人参株(紫団参).二味、突き羅為末、溶接ワックス四两、フィルタに回収プロセスと粉薬、六ねちっこい人.すべての服、中空、もち米を作薄い粥一つ、投薬一餅、熱いうちに、細かくすするの.(『聖済総録』独聖体)

に、オオヤモリに尾を塗ってさえ、蜜、酒、放火で焼くと、研細末に加え、東北紅參同量、全研均等で、ハチミツ錬丸小豆をように、毎服さんグラム、1日2回、咳止め面が浮かんで、老人に肺虚せき.

さん、治虚労咳や肺ふさぐ息:オオヤモリに(頭尾全者、塗りパイあぶる令黄)、バイモ一両(とろ火で煮込んで微黄)、シオン一両(苗、土)、杏仁一両(スープに浸して、皮に行って、先、双仁、麩微黄炒め)、鼈甲100グラム(塗り酢あぶる令黄,スカート?)、トウサイカチ仁一両(炒め令土気色).桑根皮一二(鑢).薬をつけて突き羅為末鍛え蜜と搗き杵3、200、丸など大梧あぶらぎりの実.棗のスープで二十丸、日3、4服.忌ヒユナ.(『聖恵方」オオヤモリ丸)

よんしよ、治肺労咳:オオヤモリに(お酢で少し塗って、あぶる令も色)、羊の肺一両(分を三分)、コヤブラシ2(心に行って、焙煎)、カントウカ一分一分、胡黄連.薬をつける羊肺以外のほか、突き細羅を散し、まず羊肺1分、沙盆内細研などの膏、無灰酒を一杯で,暖かい令魚眼沸いて、下羊肺、後薬だけ三钱かき混ぜる均等、令、令患者臥、枕、衣簟腰、仰向け急いでいくこと勿れ.(『聖恵方」オオヤモリ散)

p> <ご、オオヤモリあぶって乾かすじゅうグラム、党参、山芋、麦冬、ユリの各さんじゅうグラム、全研末蜜丸さんグラムごとに服、1日2回、ぬるいお湯を服、治咳肺癆.

ろく,最強の媚薬ー催情薬、人参オオヤモリ酒:オオヤモリにさえ尾、放火に焼いて、朝鮮人参(または紅參)10 – 20グラム、同に2000グラムマッコリで、七後日飲み始めて、毎日考えて20-50ミリリットル飲む.精力が腎臓を補って、益の息を鎮める作用.適用体も弱いし、食欲不振、不眠を忘れ、インポテンツ早漏、肺虚せき、夜小便など多症.