じゅう種酒酒を救う方法国慶節の最強の媚薬ー催情薬上のあなた

パーティーやお付き合いにはお酒を飲んで,最強の媚薬ー催情薬、お酒をたくさん飲んで、どのようにすることができます、今日、小さい編はみんなで出して、どんな酒を飲んでいますかを見て、摂生の効果があります、養生の効果があります.食卓にいちどう酒.牛乳酔いを醒ます法:酔い(解釈、薬品)者牛乳飲むことができて、卵白の凝固するため、胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を緩和する.サトウキビの汁に.酔い覚め法:酔って自分で意識尚者食サトウキビ、深刻な者を絞り出すサトウキビの煮汁を服、酔いを醒ますさん.ピータン酔い覚め法:酔って時を取って、1~2だけピータンをし、酢、酔いを醒ます.よんしよ.白菜酔い覚め法:ハクサイ心を千切りに加え、酢、砂糖かき混ぜます均等に従って、前菜、酒をばらばらに一定の役割を果たしてご.生梨酔いを醒ます法:いくつかのナシあるいはナシを食べ、切片を、冷たい水につけてじゅう分、飲用水のナシを食べて、酒酔いを醒ますろく.重湯法:酔っ払い望ましい濃い重湯飲服、甘言に含まれる多糖類及びB族ビタミン、解毒酔い覚めの効果.砂糖を飲み、治療効果の良いななしち.スターフルーツ酔い覚め法:酢漬スターフルーツいち、加水煎じ、使える酔いを醒ます.はち.セロリ酔い覚め法:適量のセロリ込んでジュース飲んで従って、和らぎ、特にお酒に酔って頭痛脳を解消できるのは膨れて、顔面の火照りなどの症状.きゅう、く.オーデコロン酔い覚め法:を数滴オーデコロン熱いタオルで軽くはたくようにしてふき、酔っ払いの胸背、ひじやこめかみなどでは明らかにその酔って軽減.じゅう.杮子酔い覚め法:酒酔後を取って、数羽の新鮮な杮子、皮に行って食べて、酔いを醒ます.飲むと、6件の事をして1、飲酒してお茶を飲むべきでありません.飲酒の飲茶はよい習慣ではない.人が酒を飲んだ後、80
%のアルコール肝臓からそれを分解して水と二酸化炭素に体外を排除することによって酒作用.この分解作用は普通2~4時間、飲酒してすぐに飲茶、酒中のアセトアルデヒドは腎臓の急速に体外に排出することを通して、腎臓は損傷を受け、腎臓機能を低下させる.また、お茶に過ぎ、水量も増えすぎて、心臓と腎臓の負担は、高血圧、狭心症の冠心患者より不利.だから、飲酒は、梨、スイカなどの果物を食べたほうがいいです.2、風邪の後はお酒を飲みません.風邪者は酒を飲むと病気が重くなる.風邪の患者、とりわけ深刻な者の多くが発熱する病状を伴って、この時通常は解熱薬を服用して、普通は撲て熱します.一度は白酒、強い酒を飲み、両者の代謝物は肝臓に深刻な損害を与え、完全に壊死している.3、肝臓疾患患者は禁酒にしなければならない.急性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓病は糖尿病に伴う人は絶対に禁酒、ビールを含む.回復期や慢性肝炎遷延性肝炎、肝機能は基本的に正常の場合に、適宜飲むビールが、普通は一日半リットルを越えないで.4,酒はコーヒーと同じ飲みに飲む.アルコールは、カフェインは、興奮,覚醒と胃の胃の作用があり、過度に中毒症.アルコールはコーヒーとコーヒーと同じ飲み物で、拍車をかけに火をかけるように、脳のダメージを強め、血管拡張、血液循環、心血管負担、単純に飲み過ぎ.